月縞の【読感】置き場


2018/02:『嘘喰い(全49巻)』の連載完結に伴い、ブログ更新も終了(以降は読み物として公開継続)。
2020/02:『双亡亭~』の感想を書き始めたので、更新再開(本誌未読・単行本派)。


 16巻を入手しましたが、今回面白いですね!(という言い方も語弊があるかも…? ですがw)。
 個人的には、15巻までは微妙に“中だるみしている…?”と感じる回もあったのですが、16巻に関しては、最初から最後まで話の密度が濃いと思えたので。

 あと、ここに来て ようやく凧葉の個性(キャラクター性?)が はっきり出来きて来たような気がする(あくまで私個人の所感ですw)。
 “破壊者”達が集結して 仲間達との会話シーンが多いこともあるだろうが、これまで“狂言回し”的な役割が強かった彼が、ようやく“物語の一員”として溶け込めた感があり、この巻の彼の言動は、読んでいて違和感がないから好きです。←() 
---


続きを読む


 かなり個人的な事情で申し訳ないのですが、諸事情により、しばらく管理人がPC等を持ち込めない〝THE アナログ生活〟に突入するため、例えば ブログの誤字・脱字等に気付いても すぐには修正できない状態になります(笑)。

 なので、もし お気づきの点などございましたら、脳内変換して読んで頂く等、生暖かい目で見守ってやってくださいませ…😂



 15巻の感想も どちらかというと余談が多いので、
 Twitterからのコピペと、「かべうち」のリンクを貼ることで省略させて頂きます。m(__)m
(※すません、今は基本 “同人書き”なもので、「~亭」に関しては、それ用の妄想を膨らませつつ読んでしまった部分が多いので…😉)
---


続きを読む

このページのトップヘ